骨盤回しとながらダイエットの組み合わせで自然と痩せるからだに

健康的に痩せるために骨盤回しダイエットは習慣的に行っています。年齢を重ねてから、骨盤が緩み下半身に内臓が下がりがちです。

内臓が下がる事で血行やリンパの流れが悪くなり下半身にむくみが起こってしまいます。

また、ダイエットをする際にはたんぱく質をしっかりとる事も代謝を上げるのに大変重要です。

たんぱく質をしっか摂取し適度な筋肉をつける事で、普段通りの生活をしていても自然とエネルギーを消費し、太りにくい体となるのです。

痩せるために食べないのではなく、栄養をしっかりとる事で痩せやすい体をつくるのです。

そのために骨盤回し体操で骨盤の位置を整え、そして家事をしながら姿勢を意識したり、片足やつま先でたって家事をしたり、ほんの少しの意識で体の中から流れを正しくし、筋力を高める事ができるでしょう。

骨盤の位置を正しくするだけで見た目から変わります

骨盤のゆるみは、足を組んだり、姿勢がわるかったり、子供を産む際に起こります。

骨盤が緩むとどうなるかというと、骨盤より上にある内臓からバストまでが下に下がってきてしまいます。

そして、内臓が下がることで消化器官が圧迫されて内臓の機能が低下してしまいます。

とくに血管やリンパが圧迫されるとその流れが悪くなり老廃物がたまりむくみや便秘などを引き起こす可能性が高くなります。

そうなると代謝量はさがり脂肪の蓄積にもつながるのです。

骨盤のゆるみは姿勢を悪くするとともに痩せにくいからだに直結してしまうのです。

つまり、骨盤の位置を正しく戻すことは体の本来もっている健康であろうとする力を最大限に引き出してくれるとともにダイエットを成功させる鍵になるということです。

ダイエットでタイトなパンツが楽にはけるようになりました

骨盤回し体操をし始めて数日であきらかにいままで気になっていた腰回りの脂肪の付き方が薄くなってきたのを感じ始めました。

そして、太ももの内側の隙間が以前よりも広がった感じも出てきます。

そして、大きな変化は、次の日に便通があったこともあり下腹部がすっきりとした印象となったのです。

骨盤回しダイエットを始めてから、同時に何か物を取るときに片足でとってみたり、家事をしながらバレエのポーズや意識的に筋肉を使う体勢を心がけて筋力を鍛えるようにしました。

その結果、ダイエットを始めて1週間もしないうちにタイトなデニムを履いた時にストレスなく履けてダイエットが順調なことを感じました。

しかも、1月もすると自分でも驚くほどにデニムがガバガバになってしまい、正直サイズが合わなくなって買いなおしまいました。

楽しみながら美しい健康的な体を目指す

激しい運動があまり得意ではなく、でも自分磨きが好きな人には骨盤のゆがみをただす「骨盤回しダイエット」と「ながらダイエット」を組み合わせたダイエットはおすすめです。

成功する為には、まずは生活スタイルは変えず、その中にうまく組み込んでいくという事です。

食器を洗いながらつま先で立ったり、片足を上げてバランスを取る事で体幹を鍛えることにもつながります。

体幹はインナーマッスルを鍛える事でよくなります。

バランスよく筋力アップにもつながり、筋力がきたわれることで骨盤がゆがまないようにしっかりと支える事にもつながります。

骨盤回しダイエットは数日で自分の体の変化を感じる事が出来ると思います。

とくに下半身、ウエストまわりは引き締まる感じをうけるので、おしゃれもたのしくなり、人と会うのも楽しくなるのではないでしょうか。

とにかく長続きするように無理せず行えるのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です