ウォーキングとスクワットだけで痩せる?やり続けた結果をまとめてみた

ウォーキングで、毎日決まった距離を歩き健康的に痩せることを目的としました。
スクワットは、少しでも下半身の肉を引き締めるのが目的でした。
まず痩せるためには運動が最も効果的で、3食バランスの取れた食事をしながらも、食事をそこまで我慢せずに行えるのが魅力だと思います。
ダイエットは辛いものという感覚は、食事制限をする人が一番感じると思いますが、ウォーキングは慣れてしまえば習慣になりますし、天気の良い日は気持ちいいです。
楽しくダイエットできるのが何より一番だと感じました。

下半身を重点的に引き締めたい場合は効果的です

私は下半身デブで、とにかく下半身を引き締めたいと思っていました。
しかし食事制限などでは確かに多少は体重は減るものの、痩せるというよりもやつれる感じで、下半身よりも上半身の方が痩せてしまう感じがしました。
また、筋肉がつかないため体重は減っても体のたるみは取れません。
ウォーキングとスクワットの場合、下半身の筋肉を鍛えるため少しずつですが確実に引き締まっていきます。
自分では変化に気づかないこともあるのですが、周りの人が先に気づいてくれることもあり、「最近痩せてきたね」と言われると体重が減るよりもモチベーションに繋がりました。
下半身の肉を落としたいと思っている方には、このセットのダイエット法は非常にメリットになると思います。

ダイエットの成功には楽しみを見つけたことが大きいです

私はウォーキングで毎日同じ道を歩いている時に、犬の散歩をしているおばあさんと知り合いになりました。
ダイエットで歩いているという話をしたところ、そのおばあさんに「頑張って下さいね」と応援され、可愛いワンちゃんにも会うたびに撫でさせてもらい、会うのが楽しみになりました。
会えない日は寂しいですが、(雨の日などは会えないことが多かったです)それでも、今日は会えるかなと毎日楽しみにしてたので、かなりそれがモチベーションに繋がりました。
また、スクワットは太ももが引き締まり、最初はこれだけやっていれば良いのでは?と思ったのですが、たまに長距離を歩くと足がすごく疲れるのです。
スクワットだけでは脚は鍛えられても、足の裏は鍛えられないと気付き、Wの方法でダイエットをすることにしたのですが、おかげで成功しました。

ウォーキングはカメラを持つだけで楽しみが増えます

ウォーキングをする際に、長続きをさせるコツにカメラを持ち歩くというのがあります。(私はウェストポーチにデジカメを入れて持ち歩きました)
勿論スマホでもいいですが、雨上がりの虹や綺麗な花、季節による景色の移り変わりを撮り、ミニ写真集などを作ってみるのも楽しいです。
私は面白い形の雲を見るとついついカメラに納めてしまいました。
スクワットの場合は、まず自分の体のサイズを測っておき、メモっておくとどれだけサイズダウンしたかがわかりモチベーションに繋がります。
とにかくひどい下半身デブという方には本当におすすめの方法なので、この2つを組み合わせたダイエットで「歩く楽しみ」「サイズダウンする楽しみ」を感じてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です