ダイエットの意識を高めるためには毎日体重を測ることが大切!

このダイエット法は、毎日体重をはかって、自分の体重を常に把握して、毎日の生活を意識的・無意識的に変えて痩せるダイエット法です。具体的には、自分が毎日はかりやすい時間帯に体重をはかります。そして、増えたときには自分が今日どんな生活を送ったか、軽い感じで振り返ります。食事のこと、お酒のこと、運動や仕事・家事、睡眠や自分の体調のサイクルなどを考えて体重が増えた原因を自分なりに見つけて納得します。減ったときも同様に行います。その原因になったことを考えて生活していると、大きく生活を乱すことがなくなって痩せるという方法です。

自分の体重と生活を見つめてやせる

このダイエット法のメリットは、まず、お金がかからないことです。体重計さえあればできます。
また、大変手軽です。毎日体重計に乗るだけなので、バスルームに体重計を置くなど、生活の動作に取り入れてしまえば、考えなくてもできます。記録をとってもいいですが、今日のことを考えるだけなので記録しなくてもOKです。
そして、無理がありません。基本、生活を振り返り、原因を考えることによって、自分の体重は自分の生活の仕方によって増えたり減ったりしている、という自覚を持つことが目的なので、普段の生活で無理はしません。すると太ること、すると痩せることを自覚して生活することが目的だからです。
また、ダイエットで健康になります。極端に何かをやったり、何かをやめたりするわけではなく、生活を少しずつ改善する方向に持っていくので、だんだん体調がよくなり、さらに痩せやすくなります。また、少しずつなので、体に負担なく、長期的に続けられます。

他のせいにしない、自分主体のダイエット

このダイエットは、太っても痩せても、自分の行動から起こったことだと納得するものです。年のせいで痩せにくいとか、体質のせいとか言っていたら、いつまで経っても痩せることはできません。体重に多少喜んだり悲しんだりはしますが、同時に、何をやって増えたのか、何をやって減ったのか、と考えることで、体重の増減を「自分の行動で起こったこと」として考えるようになり、体重をどうすることもできないという無力感や心の負担を感じなくて済むようになります。
ダイエットの失敗の1つが、この心の負担にあると思います。やってもムダとかムリと思って挫折してしまったり、増える体重におびえて体重計に乗れなくなったりしてしまうことが多いからです。
体重が増えたり減ったりするのは、自分の生活から起こる変化だと、しっかり自覚することが、ダイエットの成功の鍵だと思います。

基本の体重をきちんと定めてダイエット

このダイエットをするときのポイントは、基本の体重を決めることです。体重が昨日より増えたか減ったかを考えるダイエットではありますが、その他にもう1つ、基本の体重を設定します。
理由は、基準がないとどこまでも増えていったりするからです。また、基本体重がないと、痩せても目標に近づいているという達成感がないからです。
基本の体重は、人によってダイエットの目標や考え方、取り組み方などに違いがあるので、どう決めてもいいと思います。理想のプロポーションの体重でも、”あの日”の自分の体重でもいいと思います。
おすすめは、自分が「体調がいい」とか「よく動ける」など、身体がいい状態で自分が落ち着ける体重を設定することです。そこまで痩せられた場合に、体重の維持がしやすくなるからです。
人によって太りやすい季節・痩せやすい季節があると思うので、1年に1回基本体重に戻すくらいにすると、ムリなく維持できると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です