置き換えダイエットにキャベツが代用できるって知ってる?メリットやデメリットをまとめてみた

このダイエットはお昼ご飯をキャベツに置き換えて痩せるということを目的にしたダイエット方です。主食やおかずは食べず、ただお昼ご飯にキャベツとカロリーの低いドレッシングをかけて食べるというものでした。このダイエットを約2ヶ月行いマイナス5キロになりました。キャベツには胸を大きくするという噂を聞いたのでキャベツを選び、ただ痩せるだけでなくなるべく綺麗に痩せたいと思い、キャベツを選んで置き換えダイエットをしました。

キャベツで胸も大きくなるはず

キャベツを食べると胸が大きくなるとネットで見たことがあったので、せっかく痩せても胸などあまり減ってほしくはないところばかり痩せても困るので、なるべく綺麗な体型になりたかったので、置き換えで痩せる、かつ、胸は大きくなるというメリットがあると考えています。さらに便通もとても良くなるので、朝夜の食べ物は特別気にせずにただお昼だけキャベツに置き換えでダイエットをしていたので、胸も大きくなり、便通が良くなるから体の中も綺麗になるというメリットがあると思います。置き換えダイエットは簡単に短期間で痩せれるので、でも、飽きやすいと思うので私はドレッシングを変えて2ヶ月間続けることでマイナス5キロまで痩せることができました。

一日の摂取カロリーが激減するダイエット

普通に昼食をとるカロリーと比べてキャベツにするとかなり減ります。さらに私は基本生なのでかみごたえがあり満腹感もあるのでたくさん噛むようにしてダイエットを続けました。なるべくたくさん噛むとお腹が空いてお菓子を食べたりということがなくちょうどよく夕方にお腹が空いて夜ご飯も美味しく食べれるし、どんなに夜ご飯がカロリー高くても通常通り食べてるよりは1日のカロリーが低いので気にすることもなかったので、このダイエットは続けられました。さらに言えばドレッシングは本当に幅広くあるのでキャベツだからすぐ飽きてしまってということはなかったです。むしろなんのドレッシングを今日は使って食べるかということが楽しみでした。

ドレッシングを変えて飽きさせないようにする

最初はドレッシングもかけないで挑戦していましたが流石にカロリーが低いからと言って続くものではなく感じたので、ドレッシングを買い食べ続けました。
期間としてはあまり長く行うという意識はもともとなかったので短期間がやはりおススメです。
あとは千切りのキャベツを食べるよりはもう少し大きめの塊で食べることの方がオススメです。私は大体二口分くらいの大きさにカットして1日に4分の1から5分の1くらいの量を食べていました。
千切りよりそのくらいの大きさの方がかみごたえがあり満腹感がでるのでお腹すいたという状態になったり、お菓子を食べてしまったりすることもなかったので、そちらの食べ方がおススメだと私は思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です